アイコン:調査事例調査事例
EXAMPLE

「 浮気・不倫・素行調査」の調査事例

ご依頼
総社市 探偵 浮気調査 ・岡山県 総社市 E様(40代・男性)

「PTA不倫」この刺激的なワードを聞いた事があるでしょうか?

PTA会合で知り合い男女の付き合いに発展してしまうという事例は確かにあり、妻や夫が家庭を離れての別コミュニティーに所属する事がきっかけで始まるのです。

依頼者であるEさんと妻、長男の3人が岡山県総社市のEさんの地元に戻るきっかけは、長男が小学校にあがる時でEさんの「自分が育った町で子育てをしたい」との思いからでした。もちろん家族で話し合って決めた事だったそうです。

2年、3年とあっという間に時が経ち、総社市での暮らしにも慣れていくうちにEさんは子育てやPTAの学校に関係する事柄は妻に任せっきりになっていました。 
一方でそれらに一所懸命に関わろうとする妻の姿に頼もしさも感じていたそうです。

ところがある夜、同じPTAの役員仲間であるKさんの妻が突然自宅を訪れ「オタクの奥さんとウチの旦那がいま浮気している」と告げられた。 思いもよらない発言にびっくりして取り合わないEさんを見越してか証拠として持参した二人の生々しいLINEでのやり取りを見せたそうである。 

Kさんの妻が用意してきた証拠を見せられたEさんは茫然。
「確かに二人のやり取りのようでIDも内容も間違いない。それにこの人は妻が今夜PTA会合に出ていて留守でもある事も知っていた・・・」

ただ、いきなり降って湧いた話に「はい、そうですか」という訳にもいかず、とりあえず妻に確認するからとその場は引き取ってもらう事にした。その際、K妻は「離婚を前提に浮気の証拠固めをしているので、今日来た事とLINEでの証拠の件は内密にして欲しい」との念を押され、尚更生々しく受け取った。

そして帰宅した妻に「PTA会合どうだった?」とそれとなく聞いても「別に」「いつも通り」ととぼけられたEさんはそれ以上問い詰める事は出来なかったそうである。

二日ほど考えたEさんは、ご近所同士での話でもある為放っておく訳にもいかず、K妻と連絡を取り合い凪探偵事務所を来訪。

状況証拠はあるものの決め手に欠ける現況を変えるために不倫調査・浮気調査を実施する事となった。

調査料金はKさんの妻と折半するという珍しいケースである。

調査準備

①Eさんの妻、②Kの仕事、③PTA会合
この3つのスケジュールを加味して密会しそうなタイミングを計る

調査方法

二人の行動確認をしつつ、密会のタイミングで尾行調査を開始する

調査結果

行動確認調査を開始して3日目、平日の午後にEさんの妻は動き出した。
この日の朝もいつも通りに子供と夫であるEさんを送り出してから家事をしていた様で、ベランダには家族の洗濯物がキチンと干してあった。

隣町のスーパーの駐車場に車でやって来たEさんの妻は駐車場の隅に車を停めた。 
そして5分も経たぬ間に一台のワンボックスカーが隣に停まる。Kさんが普段仕事で使用している車である。

車を降りたEさんの妻は、Kさんと言葉も交わすことなくワンボックスカーの後部座席に乗り込み、スーパーを出発した。

15分程峠道を走り、人気のない山間の駐車場に着いたワンボックスカーは駐車場の隅に停まり、1時間半程ここで過ごす。 フルスモークで覆われた後部座席に迂闊に近寄れば調査が台無しになってしまう恐れがある為、車内でモゾモゾ動いているのは気になるものの、状況だけを記録するにとどめる。

この悔しい状況が1週間で2回続き、これ以上のなす術を無くした我々は最終手段に出る事にしました。
Kさんの妻に説明し、次回同じ状況になった場合、ワンボックスカーのスペアキーを持って現場に駆けつけてもらうという計画です。

その時は次週の平日午後に訪れました。

同じパターンで山間の駐車場にワンボックスカーが停まってから30分、Kさんの妻が勢いよく駆けつけ、開錠と同時におもむろにワンボックスカーの後部座席のスライドドアを開けたのです。
一瞬の事でしたから車内の二人には抵抗する時間はありません。
下半身の服を脱ぎ、行為の真っ最中であった二人は目を丸くしてアタフタするだけでした。

Kさんの妻に事前に指示していた開けるドアや証拠撮影する角度などが功を奏し、証拠としてはこれ以上ないものでした。

調査料金

定額プラン(20時間パック)300,000円(税込)

追加経費

なし

合計金額 300,000円(税込)
追記

完璧な証拠が撮れたものの、この後の現場は修羅場でした。

勢いそのままに責め立てるKさんの妻に対して始めは狼狽していたKさんでしたが、ズボンを履いてからは「何でここが判った!?」などと逆ギレして妻を殴りだしたのです。

もちろんその現場も撮影した我々でしたがEさんの妻は泣きじゃくり、しばらくは収拾がつかない状況でした。

そして1時間程経って駐車場に入って来た別の車が、ただならぬ雰囲気を感じてジロジロ見られ始めてから少し冷静になったKさん夫婦は「子供の下校時間もあるから」という理由でEさんの妻を置き去りにしてこの場を後にしたのでした。

その夜以来、息子をつれて実家に帰った妻からは何も聞かされず、報告書で事の顛末を知ったEさんは動揺し、手が震えていました。その後、離婚と引越しの話し合いを始めたとの事でした。

不倫調査・浮気調査では「ビックリ」な結果や「想像通り」の結果になる事がありますが、いずれにしてもその結果が「クロ」である場合、当事者やその家族の人生が大きく変わる事になるようです。