アイコン:調査事例調査事例
EXAMPLE

「 浮気・不倫・素行調査」の調査事例

ご依頼
倉敷 探偵 行動・素行調査 ・岡山県 倉敷市 F様(40代・女性)

依頼者のFさんは実は浮気調査のリピーター。

愛するご主人は何度も浮気、不倫の実績のあるモテ男ですが、今回はこのご主人がトラブルに巻き込まれた(というより当事者)との事でのご依頼。

調査準備

このご主人FSさんは今までのウチの浮気調査では①ネットでのお見合いサイトで「独身者」として登録⇒②何度かデートを重ね⇒③既婚である事を隠したまま恋人として不倫。このパターンでした。

ある日、初めての女性と昼間にホテルに入ると、相手の夫がホテルの下までやってきたと言います。強面のこの男性から「この場で解決したければ誠意を見せろ」と言われ、FSさんは恐怖のあまり、ATMに行き、とりあえず20万円を渡したそうです。

この時、手書きで相手のいうままに100万円支払う旨、示談書を書いて渡しましたが、その後「残りを払うとさらに慰謝料を請求されるのではないか」と心配になって、とうとう打ち明けられたそうです。

私は詳細をFSさん本人に聞く訳にもいかないので、あくまで依頼者である奥さんからの情報ではあったのですが、「どーも臭う」

要求してきたのは、本当に「夫」かどうかは不明で、初めから脅すためだった「美人局」ではないのか?

という事で浮気調査からの人物、素行調査を開始した。

調査方法

後日その強面男性と会う際にその男を尾行調査し、素性を洗う事に。
そして金銭をこれ以上相手に支払わない様に奥さんに伝えました。

調査結果

その結果・・・その男性はやはり女性の夫ではなく、「美人局の相棒」でした。
2人が同居して居なかった事と、その女性は同じ状況で他の男性にも会い、同じ様なタイミングで男性が現れた後、ホテルの下で談判し、現金を受け取っていた事などから判断しました。その証拠を元に相手に連絡。

始めは凄んでいた強面でしたが、素性がバレている事などを伝えると、話をうやむやにし始め、「今回は20万だけで許してやるから二度と連絡するな」と捨て台詞を言って電話を切ったそうです。

調査料金

浮気調査(行動調査・身元調査の複合) 定額パック(30時間)450,000円

追記

そもそもFSさんにも落ち度がある話ですから、一方的に相手が悪いとも思わなかったFさんは、夫にお灸を据える意味も含めて20万の出費で済ませたそうです。

これが普通の恋愛からの美人局だった場合は・・・。
よくある話です。気を付けましょう。