岡山の探偵事務所「凪探偵事務所」のサムネイル

アイコン:調査事例調査事例
EXAMPLE

「 浮気・不倫・素行調査」の調査事例

ご依頼
岡山 探偵 素行調査 ・岡山県 岡山市~早島町 G様(40歳代・男性)

今回の依頼者は地元で小規模工務店を経営するGさん。

Gさんが親の代からのG工務店を引き継いだのは5年前で、Gさん自身は大学を卒業してからも現場仕事は一切経験が無く、大工の親方を引退した父親が亡くなった後は、現場監督やずっと専属で仕事を請け負ってくれる大工さん達に指導してもらいながら会社を運営していた。

ところが父親が亡くなって3年ほど経った頃から、出入りの仕入れ業者からイヤな話が耳に入ってきた。それは大工のSが材料を横流ししたり、持ち帰ったりしているというものだった。

現場監督にそれとなく聞いてみたところ「それぐらいの材料のロスは出るのが普通です。」「あまり細かく言うと大工がヘソを曲げるますよ。」などと言う為、しばらく様子を見ながら我慢していたが、今度は経理の方から「帳簿上もおかしい。以前はこんな事は無かった。」と言われ、Gさんは覚悟を決めた。

父の代からお世話になった大工さんではあるが、不正をしているのであれば証拠を元にキッチリけじめを着けたいということで素行調査のご依頼であった。

調査準備

調査については、大工Sはもちろん念のため現場監督の耳にも入らない様に、内々で調査の準備を進める事とする。
また現場付近で張り込み、大工の動きを確認する場所を確保する。

調査方法

仕入れた資材等は現場に直接運搬される為、運搬直後から資材の管理を秘密裏に行う。
大工Sへの張り込みや尾行調査を行い、素行を探る。

調査結果

調査を開始して3日目の現場に簡易照明が灯った頃、大工Sが夕方に運搬されたばかりの資材にビニールシートを掛け始めた。 約10分後、片付けも終わり、暗くなった現場でタバコを一服していたSは今日の仕事を終えた様子であった。

とその時、シートの隅をめくり、束になった角材を1束、2束と自身の軽トラックの荷台に積み始める。ここの現場で使う為に運搬されたはずの材料をどこに運ぶのか?

ロープでしっかりと材料を固定し、軽トラで現場を出発した大工Sは真っ直ぐ自宅へ到着。 Sの自宅横には資材置き場があり、そこへ積んで帰った物を運び入れるのを確認する事ができた。

そして調査予定を組んでから数週間の間、Sがこの現場から自宅に資材を運んだのは合計3回、金額に直すと3万円弱の商品で、いずれも他の現場にも使える汎用品であった事も画像と帳簿で証拠固めし、報告した。

調査料金

①素行調査(行動調査)定額30時間パック 450,000円(税込)

※調査時間を効率的に使い、大幅に費用を節減する事ができた。

追加経費

なし

合計金額 450,000円(税込)
追記

Gさんいわく、どんぶり勘定のイメージがある建設業界には実際にこの様な話はよくあるらしく、今回は関連業者達にも噂が広まり、大工Sは仕事環境に大きな影響が及んだらしいです。

自業自得ですね。

==================================================

岡山市、倉敷市、笠岡市、福山市の浮気調査、不倫調査、行方調査、結婚調査、盗聴器発見調査のご相談は・・・
総合探偵社 凪(なぎ)探偵・調査事務所 フリーダイヤル0120-41-3336まで