アイコン:調査事例調査事例
EXAMPLE

「 ストーカー・嫌がらせ調査」の調査事例

ご依頼
倉敷 探偵 ストーカー調査 ・岡山県 倉敷市 M様(20代・女性)

1年ほど前に某大手出会い系サイトで知り合い、年上男性と付き合い始めたMさん。相手はネット検索すればすぐ名前が出てくるような医療系の技術者で、倉敷市に所在する株式会社の代表取締役でもあった為、知り合った当初から信頼し、紳士で余裕のある男性だと思っていた。
ところが、つきあって2か月位から徐々に本性を現す。別れを切り出した後もしつこく付きまとい、ついには「お前を殺して俺も死ぬ」といった言動をするようになり、半年以上続いているストーカー行為を止めさせて欲しいとのご依頼。

調査方法

対象者の行動確認と証拠収集

調査結果

3日間の行動調査から、対象者(ストーカー)が自身の仕事を終えた後に自家用車でMさんの自宅付近を徘徊する姿を確認。電話着信での嫌がらせ行為も履歴保存されていた為、証拠の収集を終了。

調査料金

①ストーカー調査86,400円
②行動調査(お手軽プラン・3時間×3日)68,040円

追加経費

約1,000円(ファミレスでのコーヒー代)

合計金額 ①+②+追加経費=155,440円
追記

今回のケースでは証拠収集して報告書の引き渡しで終了のはずでしたが、依頼者Mさんの希望で警察に相談に行く前に相手への最後通牒の場に立ち会って欲しいとの無茶なお願いをされ、仕方なく近くのファミレスを指定し同席する事に・・・約束の時間通りに話し合いは始まり、Mさんは言いたい事を言うと早々に店を後にしましたが、絶望的な顔をしたストーカー氏と二人で残された私はテーブルを挟んで彼と会話をしました。同情する部分もありましたが、自分なりに説諭しそれに納得してくれた様子が伺えたので、彼を残して店を後にしました。この日以来、ストーカー行為は止んだそうです。

本来ならまず被害者が警察に証拠を提示し、被害報告の後に今後の方策を指南してもらうべきです。私もMさんにそう伝えましたが、思うところあってか直接勝負をしたかったのでしょう。ほっておいては危険だと感じて立ち会う事にしました。私としては少し反省もしていますが、結果的にストーカー行為を止めるきっかけになった事に満足しています。