アイコン:調査事例調査事例
EXAMPLE

「 身元調査・雇用調査」の調査事例

ご依頼
倉敷 探偵 身元調査 ・岡山県 倉敷市 K様(50代・男性)

倉敷市の借家で家族4人と暮らしているKさんは、家族に隠し事をしていた。
実はKさんは亡くなった親から多額の相続を受けていたのだが、その約5,000万円超の現金をたった一人の男(R・40代)に渡していたのであった。

相続を受けた2年ほど前から知り合ったRはKさんの実家のリフォームの営業からKさんに近付き、「住宅販売会社を立ち上げ、一緒に経営してほしい」などと言葉巧みに約20回に渡りその現金を受け取っていたのであった。
 
ところが、その際に受け取った手書きの領収書に記載されていたRの住所(兵庫県)が架空の住所の様であるのにKさんが気付いた。この事をRに問い詰めたが軽くかわされ、それ以来連絡が少なくなっていた。 そこで当事務所に相談があり「まだお金を要求され、何とかRに会えている内にRの素性をつきとめたい」「金を取り戻して家族の為に家を建てたい」との事である。

調査方法

とにかくRを呼び出す事を前提にKさんに今まで通りに振る舞ってもらい、2人が別れてから後のRを尾行調査する。 
何度もチャンスはないので、失尾しない様、万全の対策をとる。

調査結果

Kさんのエサに食いついた対象者Rは、今までと同じくJR岡山駅の喫茶店でKさんと待ち合わせをし、時間通りに現れた。
大柄な体格のRは黒色のスーツにノーネクタイ、オールバックになかなかの強面であったが、風貌とは別に目だけはキョロキョロと落ち着かない様子で、警戒感も伝わってきていた。
喫茶店を出たRはKさんが立ち去るのを確認した後、駅構内を移動して新幹線乗り場へ向かう。 
東京行の新幹線(グリーン車)に乗ったRは新大阪駅で降り、付近のコインパーキングに停めていた高級国産車で発進。

ここまで3人の調査員で追尾していたのだが「車両ナンバーの確認までか・・・」とあきらめかけたその時、偶然タクシーが! 運よく拾えたタクシーに慌てて畳んだ折り畳み自転車を押し込み、運転手さんがノリノリで尾行してくれていると約10分走った所にあるマンション駐車場にRの車が停まる。
何とかRが入った部屋を確認出来た時点で依頼者に経過報告し、尾行調査を終了した。

その後はマンションの名義等を追跡調査し報告する事となった。

調査料金

①身元調査(通常プラン)86,400円
②素行調査(通常プラン)75,600円

追加経費

素行調査(追加人員1名・5時間)37,800円
交通費(新幹線3名分、タクシー代)38,000円
公簿照会1,000円

合計金額 ①+②+追加経費=238,800円
追記

新大阪駅北口で偶然拾えたタクシーは「伝説のタクシー」として語り継がれています(笑)
角を曲がって来たタイミングといい、方向といい、まさに奇跡でした。
実は帰りの新幹線内で「口先一つで5千万もだまし取るヤツがいると思えば、ウチの報酬ときたら・・・」と調査員と愚痴を言っていたら、後日、精算する際に依頼者のKさんから別途で謝礼としてボーナスを頂きました。 
その後、お金を取り戻せたかは聞けていませんが、Kさん、その節はありがとうございました。でももう騙されないで下さいね!