アイコン:調査事例調査事例
EXAMPLE

「 身元調査・雇用調査」の調査事例

ご依頼
総社 探偵 身元調査・雇用調査 ・岡山県 総社市 W様(50代・女性)

地元では有名な女性経営者であるWさんは、岡山市、倉敷市、総社市、井原市、高梁市、笠岡市、玉野市内で何軒もお店を経営している。
事業は順調なのだが、今までに何度も中途採用した社員に裏切られてきた。今回もお客様から受け取った代金300万円程を持ったままの営業社員Aと連絡が取れなくなってしまったそうである。警察に相談にいくのはやぶさかではないが、未収金を回収する時間を逸しては大変である為、なんとか早く居所をつかんでほしいとのご依頼。
本来は行方調査に分類されるが、対象者の身元確認からの調査を実施する。

調査方法

身分証明書は本物であるのが確認出来ている為、履歴書との整合性と合わせてAの周辺状況を調査する。

調査結果

他府県にあるAの実家付近にも調査隊を派遣してみると色々な事実は浮かび上がってきた。金欲しさに外国人と偽装結婚したり、偽名を使ってした借金を踏み倒したりしていた。
履歴書の内容も殆どウソであった。

そうこうしていると、当社の情報網からAいきつけのスナックが判明。店のゴルフコンペの際に撮った写真で本人確認が出来た為、店のママさんに頼んでAをそれとなく呼び出してもらった。

本人いわく「お金はヤミ金への借金返済に充てた。切羽つまってやった」との話。会社や社長には迷惑かけたと反省しつつ、月5万円の返済で許してほしいと申し出た。
口から出まかせは120パーセント承知しているが、なんと社長はその条件を呑んだ為、一応、一件落着。

調査料金

①身元調査:86,400円(着手金86,400円)
②素行調査:151,200円(2日/2名/車両2台)

追加経費

交通宿泊費: 約25,000円(高速代、宿泊費等)

合計金額 ①+②+経費=262,600円
追記

このケースは示談で事がおさまり、依頼者の社長からは礼を言われたのですが、どうも釈然としませんでした。なんせ300万円という大金です。
この社長とはこの後もお付き合いがあり、中途採用の際は当社に「履歴書の精査」の相談をいただいていますので、たまにこの件での返済状況について教えてくれる事があります。
なんと、支払いが遅れる事はあっても、一応返済は続いているとの事です。社長の人柄にAも改心したのかもしれません。