アイコン:調査事例調査事例
EXAMPLE

「 浮気・不倫・素行調査」の調査事例

ご依頼
岡山 探偵 素行調査 ・岡山県 岡山市 T様(50代・男性)

20年連れ添った妻TYとの生活に疲れ、数年前から離婚をしたいと考えていたTさん。
新婚当初の容姿はどこかに消え失せ、今では夫である自分をないがしろにして何かあると逆切ればかりで話にもならない上、専業主婦なのに普段から外出ばかりで普段何をしているのかも判らない。

子育ても一段落の区切りを迎えたこの機に離婚を切り出そうと考えていた。 ただ、「一方的に離婚をしたい」だけでは相手が認めない限り話が成立しない。

つまり、妻が不利になる「離婚事由」が必要となった訳である。

そこで当事務所に依頼があった。「妻の素行調査をして落ち度を見つけ出してくれ」との事である。

調査準備

依頼者Tさんから想像される行動パターンを聴取した後、自転車で出掛ける事の多い妻TYの尾行調査を開始するにあたり、車両(二輪、四輪)に加え自転車を準備する。

調査方法

1週間の予定で20時間定額パックを採用し、行動確認をする。

夫(依頼者)が外出中の時、妻(対象者)は自宅にいる事が多いそうであるので、夫のスケジュールを参考にして妻の素行調査を効率的に実施する。

調査結果

約一週間「妻の素行調査」を実施した結果は、対象者である妻はほぼ「パチプロ」である事実が判明した。
夫が出勤した後、きちんと化粧をして自転車で出動した対象者は、9時開店のパチンコ店の開店前の列に並び、オープンするやいなやお目当てのパチスロ台に。そこから昼食も摂らずに一心不乱にパチスロ台と向き合っていました。
これを調査期間中、毎日繰り返しており、収支については「大負けではなさそうであるが、とてもプラスとは考えにくい」として調査報告をさせて頂きました。

調査料金

浮気調査(20時間パック)300,000円(税込)

追加経費

なし

合計金額 300,000円
追記

この妻のパチンコに対する情熱はなかなかのものでした。
でも、こういった人は案外世の中にはいるのです。

依頼者は妻がパチンコをする事自体知らなかった事の様で、この調査結果を基にお金の管理を改めて追及し、離婚事由に相当するかどうか弁護士と相談すると言っていました。。

依頼者様に幸あれ!