アイコン:ブログブログ
POST

オンラインゲームきっかけで出会い系被害

こんにちわ!楚堂です。

まだまだコロナの影響が至るところに及んでいますが、最近はテレビでも出演者がリモート出演したり、外食や遊びも含め自宅内で過ごす時間が普通の事になってきてますよね。 

さてそんな中、大阪の小6女児誘拐事件がニュースになりましたが、加害者35歳の男と12歳女児が知り合うきっかけとなったのが人気ゲームアプリ「荒野行動」との事です。

少し前にも高松市の23歳の女が小学6年男児と性的交渉を持ち強制性行の容疑などで有罪判決を受けた事件も、知り合うきっかけはやはりオンラインゲームだったと言われていて、こちらも女が荒野行動のプレーヤーだったことがわかっています。

それらのオンラインゲームが出会い系被害につながる可能性はもはや否定できません。

10~30代ユーザーを対象としたTesTee Labの「【2018年秋】ゲームアプリに関する調査」(2018年10月)によると、「もっともハマっているゲームアプリランキング」で荒野行動は3位にランクイン。特に10代男性では12.7%で1位、10代女性でも6.4%で3位になるなど、10代に高い人気を誇っているようです。

スマートフォンでも遊べる上、YouTubeのゲーム実況などでも人気が高いこと、友達と集まってプレイしたり、離れた友人と話しながらプレイができる点が10代にうけていると考えられます。
また、「SNSで一緒にプレイする人を探してからプレイする」が14.7%いる状態。

荒野行動ではもともとチーム戦もできるようになっているため、ツイッターで「#荒野行動フレンド募集」などのハッシュタグで、IDを公開している人が多く、「#荒野女子」などのハッシュタグ検索すれば、女性プレイヤーも見つけることができ、インスタでもプレイ動画とともに女性プレイヤーの自撮り写真が多く投稿されている状態だそうです。
荒野行動ではもともと男女でカップルになれるシステムもあるそう。さらに、「結婚」システムが導入されています。
某女子高生プレーヤーは、「出会い厨は多いと思う。出会い系メッセージは何度ももらったことがある」と言い、フレンドになった相手から頻繁に「会いたい」というメッセージが来るらしいのです。

ボイチャできるオンラインゲームに注意
Switchでも、最近はボイスチャットで話しながら遊べるものが多く出ている。子どもたちは友達同士でログインしてプレイして遊んでいるとの事で、ゲームタイトルのハッシュタグでツイッター内で友達を募集している例を多く見かけます。ある小学生男児は、知らない大人とプレイしている時に、学校名や学年、好きな野球チームなどを教えてしまい、親に叱られてしまったそう。

ボイスチャットで話しながら一緒にゲームをすると、共通の体験によって心を許してしまい、相手と親しくなった錯覚に陥るでしょう。今回の事件でも、容疑者の男は女児を「別の女の子のオンラインゲームや話し相手になってくれないか」と誘いだしたらしく容疑者の男と女児はゲームを通して親しくなっており、それ故Twitterでの誘いに乗ってしまった可能性があるのです。

親には、知らない相手と気軽につながるリスクを子どもに教えてほしいですね。

大人には出会うキッカケとして素晴らしいこのシステムも、子供達にはちょっとね~。

==================================================

岡山市、倉敷市、笠岡市、福山市の浮気調査、不倫調査、行方調査、結婚調査、盗聴器発見調査のご相談は・・・
総合探偵社 凪(なぎ)探偵・調査事務所 フリーダイヤル0120413336まで